ASAKUSA SUMIKA



至福のひとくち

浅草 栖の贈りもの

着物を着て、帯を締める。
伝統の美しさを包みで表現。

浅草栖は、手土産のプロの秘書の声を形に、
味はもちろんのこと、パッケージにもこだわりを持っています。

あなたの目にとまってほしい。

特別な日を着飾るような王道の美しさを
凛と佇む姿を
表現しています。

小さい頃のしあわせな記憶

子どもの頃、人参嫌いな私たちのために
母が作ってくれたにんじんケーキ。
これが栖の原点。

栖の贈りものが誰かのしあわせな記憶として残りますように。
そんな想いを込めてお届けいたします。

PAGE TOP